メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
名張市立図書館

トップページ > 図書館情報 > 企画展示『名張にもあった戦争』展

企画展示『名張にもあった戦争』展

更新日:2022年7月30日

企画展示『名張にもあった戦争』展をしています。(8/3~8/31)

 太平洋戦争の終結から今年で77年目の夏を迎えました。第2次世界大戦では多くの犠牲者をだし、今なお様々な形で苦しんでいる方が世界中にたくさんいます。戦時中の名張は、内陸の小都市で幸いにも大きな空襲などの被害は被りませんでした。しかしながら市内にも戦闘機の機銃掃射による死者や焼夷弾による被害など戦争の爪あとは残されています。

 今回の展示では、B29の墜落から蔵持小学校の被弾ピアノについて、パネルで紹介をすると共にB29墜落機の一部(プロペラ)を実物展示しています。また、当館所蔵の戦争に関する本を特集コーナーに陳列、貸出しを行っています。

 現在も世界中で戦闘が繰り返されている中で、B29搭乗員も含め戦争で犠牲となった多くの人々の鎮魂と今を生きる我々一人ひとりが改めて「平和の尊さ」や「核兵器のない世の中」を考える一助として、展示をおこなっています。

(展示期間:8 月31 日(水曜日)まで)



テーマに沿った本を集めて展示しています。その一覧を関連リンクで紹介します。

※関連リンクの一覧は、テーマに沿った本を網羅的に紹介したり、推薦するものではありません。